ニュース記事ってアレだよな

当ブログでは、インターネットのニュースやアレな記事などにいちゃもんを付けていきますw時事ネタは面白いものがいっぱいです!

NHK

真田丸 最終回は副題なし!?

「真田丸」最終回は大河異例の無題!屋敷CP「皆さんが副題を付けて」

 俳優の堺雅人(43)が主演を務めるNHK大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)の最終回(12月18日放送)は副題がなく、無題となることが21日、分かった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161121-00000092-spnannex-ent
[yahooニュース]

12月18日に最終回となる真田丸。
何と副題が付けられず「無題」となるようです。


コレは異例中の異例で、これまでの大河ドラマではこういった試みがなされたことは無いそうです。無題自体は色々なところで使われ、一人ひとりの思いに任せるというのはこれまでにもありました。

ですが、NHKの大河ドラマでは初。

実際、真田丸はこれまで「漢字2文字のサブタイトル」を貫いてきました。
もちろん最初はそんな縛りは無く、製作の途中で2文字の副題で行く決まっていったんだとか。

このまま最終回まで…と思っていたところにこの無題です。

何故その路線を外れることになってしまったのか?そこにはCP(チーフプロデューサー)の屋敷陽太郎さんと制作スタッフの想いがこめられていました。

「全員が2文字熟語では収まりきらない熱く深い思いが詰まっている」

どんな文字を思い浮かべてもしっくりこない、その末に無題となったと言います。


これまでの大河ドラマも当然熱い思いの元に作られてきました。

ただ、こういったエピソードを見聞きすると、その強い思いが視聴者の自分たちにも伝わってくるようですね。


最終回は12月18日です。
大河ドラマなので人物の結末は誰にでもわかる、でもドラマに対する思いは人それぞれ。。あなたなら真田丸最終話にどんな副題を付けますか?




龍馬伝がまさかの英語教材化 異例というよりやり過ぎ

ブログネタ
.気になったニュース31 に参加中!
全国各地で盛り上がる龍馬ブームの火付け役ともいえる福山雅治主演のNHK大河ドラマ『龍馬伝』が、高校生向け英語教材に登場することが4月30日、わかった。『龍馬伝』が取り上げられる教材『WHAT’S UP? 2010-11 INTERMEDIATE』の出版元・桐原書店の関係者は「世界と自分との繋がりを考えてもらうという同教材のコンセプトにおいて、先見的な考えを持っていた坂本龍馬の存在は合っていた」と、現代の高校生も親しみをもって学べる題材と説明。NHK広報は「大河ドラマが英語の教材になるというのは極めて異例のこと」としている。[抜粋]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100430-00000003-oric-ent


これはもはや、やり過ぎといって良い。

が…、英語に対してとっつき易いと考えれば、決して悪い事じゃない気がします。

どうしても学校の授業や資格の勉強だと、勉強を「やらされている」という感覚が強くなってしまいます。

でも、自分の好きなものなら自分から進んでやることが出来ます。

日本人は義務教育によって外国語嫌いに「させられている」ので、人気のものにあやかって勉強を始めるのもアリだと思うわけですよ。

まぁ、それでも行き過ぎな気がしないでもないですがw

龍馬伝 トータス松本がジョン万次郎役に抜擢!

ブログネタ
NHK大河ドラマ「龍馬伝」 に参加中!
龍馬役に福山雅治はどうかと思ったけど

このジョン万次郎役はイメージピッタリですね〜

「NHKは9日、大河ドラマ『龍馬伝』の新キャスト9名を発表した。注目のジョン万次郎役にはNHKドラマ初出演となる歌手・トータス松本が決定。」

『龍馬伝』新キャスト発表! トータス松本がジョン万次郎役でNHKドラマ初出演

この記事の中にも「「漁師っぽいガッチリした体型と底抜けの明るいイメージを持っている。河田小龍が描いたカウボーイハットをかぶってアメリカっぽくした絵をじーっと見ていて、トータスさんにイメージがぴったりだなと思いついた。」

いや、まさにイメージピッタリw
確かにトータスさんにはまり役ですよね、ジョン万次郎 (・∀・)

トータス松本さんは自分の中でも、演技が上手いイメージがあったので、楽しみですw

ちなみに、トータスさんは
こんな人です↓



ちょっと展開に飽きてたけど、このあとの展開が楽しみになってきましたw



トータス松本さんのCDです↓
[期間限定][限定盤]明星/トータス松本[CD]【返品種別A】

地デジに完全移行 やっぱり黄色信号的運営

ブログネタ
政治・選挙3 に参加中!
一部抜粋
地上デジタル放送の普及促進事業が、13日の行政刷新会議の事業仕分け作業で予算縮減となったことに対し、総務省は、平成23年7月を目標に置いていた地デジ完全移行に「黄信号がともった」と危機感を募らせている。

IZAより地デジ完全移行に“黄信号”? 事業仕分けで普及事業も「縮減」

そもそも、最初から地デジ完全移行は問題ありまくりでした。

芸能人を多用して、宣伝ばかりが先行していたのは誰が見ても明らか

宣伝もメリットを連呼するのみで、デメリットの話をほとんど出てこない。
これは日本の政府関係の事柄全てですけど…。

無駄を省くための事業仕分という薄ら寒いパフォーマンスをやったりで、今の状況で何をやっても上手くいかない気がします。

本当に、麻生首相の時と違って、鳩山首相が問題を起こしても何故かマスメディアでは話題になりにくいですよね、何故か

地デジにしても先ほど書いた、メリット・デメリットをもっと大々的にTVなどで放送すればまだ理解を得られる機会が出来るに、何でやらないんだろう。

このままで本当に大丈夫なのだろうか…。

とか、適当に語ってみましたw ではノシ

  • ライブドアブログ